テーマ:プラスチックパッケージング材のナノコーティングによるバリア特性の改善。PETの拡散。CO2バリア。医薬品・食品パッケージング材へのバリアコーティング。

貯蔵期限の長期化:PlasmaPlus® ナノコーティングによるプラスチックパッケージング材へのバリア特性の改善

ポリエチレンテレフタレート(PET)ボトル内のソフトドリンクの貯蔵期限は、特に炭酸化などによる圧力下においては、主にPETのバリア特性によって決まります。パッケージング材からCO2が漏出した場合や、外部から酸素が浸透した場合には、ソフトドリンクの風味や品質が変化します。

 PETボトル内部のプラズマ処理 
 PlasmaPlus®バリアコーティングによる貯蔵期限の長期化

プラズマトリート社では、ソフトドリンク業界向けに、ガラスのような透明度を保ち、柔軟性を維持し、衝撃や摩擦に対する耐性を有するナノコーティングを開発しました。このナノコーティングにより、拡散性を大幅に抑制し、ソフトドリンクの貯蔵期限を長期化することができます。コスト効率に優れた革新的なPlasmaPlus®プロセスを利用すれば、パッケージング材の内面・外面の双方にコーティングを施すことができます。

このプロセスを用いてバリア特性を改善したことにより、医薬品業界向けのソリューションも生まれました。また、プラスチックパッケージング材にナノコーティングを施すことにより、医薬品の貯蔵期限を延長し、活性成分の特性を長期にわたり維持することができます。

メインテーマに戻る プラスチックパッケージング

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language