テーマ:家具の製造におけるプラズマ前処理。VOC(揮発性有機化合物)規格に適合。揮発性有機化合物の放出。

Openair®プラズマ前処理:揮発性有機化合物を使用しない、コスト効率に優れた家具業界向けのプロセスソリューション

家具の製造において最も必要となるのが、美しい感触と外観を備えた高品質モジュールです。軽量家具や開発中の機能性家具は、設計の自由度を高める一方で、その実現には新たな材料の組み合わせや、インテリジェントな製造法が必要となります。高まり続ける需要の他にも、コスト効率に優れた製造プロセスの利用が決定要因となります。さらに、揮発性有機化合物(VOC)指令に適合する、環境に配慮したVOCを排出しない家具モジュールが必要とされています。
プラズマトリート社は、家具業界に関する豊富な知識を備えています。当社はIGEL(家具業界の軽量構造協会)に加盟しています。当社ではお客様との協力のもと、表面処理に関する革新的かつ効率的なプロセスを開発しています。
シンプルな物理的原理を採用したOpenair®プラズマを利用して、MDF、WPC、PVC、PPや木材にプラズマ前処理を施すことにより、表面を大幅に活性化することができます。

その他の長所に関する概要:

  • リサイクル材料などの代替材料の利用が可能
  • 接着剤の用途の種類を拡大
  • 合理的な新たな製造法(家具のエッジ部分のプラズマシーリングなど)
  • 製造中の品質の安定化。スクラップの減少。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

家具作り: プラズマは継ぎ目を作りません
Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language