テーマ:ガラスパッケージング材のプラズマ前処理。ガラス仕上げ。ガラスの彩色。缶の仕上げ、印刷。フラットベッド/スピンドルコーティングシステムにおけるプラズマクリーニング

高品質彩色仕上げを施したガラスボトルや金属缶のコーティング

ガラスは伝統的に、白色、緑色、茶色を基本的な色彩として製造されてきました。化粧品パッケージング材などの多くの製品では、より洗練されたガラスパッケージング材を製造するため、加工後に彩色を施しています。また金属製飲料品容器も、消費者の目を惹きつけるような色彩を用いて装飾を加える必要があります。

いずれのパッケージング材でも、高品質規格を満たす彩色が必要となります。特に汎用ポテンシャルフリーOpenair®プラズマプロセスは、このコーティングプロセスを効果的にサポートする技術のひとつです。

Openair®プラズマによる前処理の長所としては(特に)以下の項目があげられます:

  • 超微細プラズマクリーニングによる粘着性有機物粒子や不純物の除去
  • 革新的なコーティングプロセスを利用することにより、プラズマコーティングや代替彩色システム(UVコーティング、溶剤を使用しないコーティング)の利用が可能
  • 不良率(エラー率)を低減
  • フラットベッド/スピンドルコーティングシステムにプラズマノズルを簡単に組み込むことが可能

パートナーと事例紹介

HEINZ-GLAS GmbH

最高級の外観がもたらす魅力

現在では、香水を購入する際の決め手となるのは、その香りだけではありません。多くの場合、そのパッケージング材も重要な要素となります。HEINZ‐GLAS社では、高級ブランド用の豪華なガラスボトルに印刷処理を施す前に、Openair®プラズマを用いて前処理を施しています。

事例紹介を読む

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

プラズマ技術が包装業界の問題を解決
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language