テーマ:プライマーを使用しないフロントガラスの接合。プラズマコーティングによる、揮発性有機化合物を使用しないセラミックコーティングガラスの接合。フロントガラスのプラズマ処理。ガラスセラミックスの接合。

環境に優しく、プライマーレス:
Openair®プラズマコーティングによる、プライマーを使用しないフロントガラスの接合

自動車製造工程においてフロントガラスを設置する際、セラミックコーティングを施したガラス板のエッジを金属製車体の塗装済フランジ部に接合しなければなりません。従来、プライマーを用いて必要な接着強度を得るために、この種のセラミックコーティングガラスの表面を処理していました。ケミカルなプライマーには揮発しやすい溶剤が含まれています。そのため、自動車の製造中に溶剤が周囲環境に放出され、さらには自動車の製造後も、自動車本体からある程度放出されることになります。

フォードモーター社では、このウェットケミカル前処理法から、環境に優しく、揮発性有機化学物質を使用しない全自動プロセスへの全面的な切り替えに初めて成功しました。PlasmaPlus®プロセスを用いたプラズマポリマーナノコーティングシステムは、接着技術分野における優れた応用技術として利用されています。

実際には、まずOpenair®プラズマクリーニングにより、クリーニングを行うと同時にセラミックコーティングの表面を大幅に活性化します。クリーニング後、直ちにPlasmaPlus® ナノコーティングを選択的に施し、フロントガラスのガラス‐セラミック表面にポリウレタン(PU)接着剤を確実に付着させます。

フロントガラスをOpenair®とPlasmaPlus®を活用し
プラズマ処理するメリット:

  • ウルトラクリーニングを確実に行うと同時に、表面を均質かつ大幅に活性化
  • 揮発性有機物を含有する溶剤が不要
  • ガラス‐セラミック表面と金属とを確実に接着
  • 高いプロセス稼働率、プロセスの全自動化、製造ラインに簡単に組み込み可能
  • 材料コストと運転コストを削減
  • 環境に優しく、コスト効率に優れた技術

パートナーと事例紹介

Ford Motor Company

環境に優しいダイレクトグレイジング処理

フォード社は、自動車用フロントガラス接合における従来のケミカル処理プロセスに代わる、環境に優しい画期的な技術を開発しました。プラズマトリート社は、この特許取得済プロセスに関するライセンスを全世界で取得しています。

事例紹介を読む

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language