テーマ:プライマーを使用しない繊維強化材料(GFRP, CFRP)の塗装。プラズマ表面処理。プライマーやパワーウォッシュを使用しない最適な塗膜密着性の実現。

バイク製造におけるプライマーを使用しない塗装プロセスの最適化:
Openair®プラズマを活用することで最適な塗膜密着性とクールなデザインの実現

塗装部品(金属被覆材、タンク、フェンダーなど)の製造用材料としては、主に繊維強化プラスチックが使用されています。従来のプロセスでは、繊維強化プラスチックにパワーウォッシュを施した上でフレーム処理を行い、その後にプライマー処理を行います。

 バイク用コンポーネントに対する長期間の塗膜密着性

Openair®プラズマを利用すれば、数多くのプロセス段階をスキップすることができます。前洗浄処理を行う必要はなくなり、フレーム処理の代わりにプラズマ前処理を行い、繊維構造を損傷することなく表面張力を大幅に活性化することができます。それにより、どの工程においてもプライマーを使用する必要がなくなります。

その結果、塗膜密着性のみならず、彩色仕上げも大幅に安定化させることができます。またOpenair®プラズマによる前処理を施すことにより、小石による衝撃に対する塗装済コンポーネントの耐性を大幅に改善することができます。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language