テーマ:ソーラー技術におけるプラズマ処理。太陽光エネルギーシステムで使用する太陽熱ミラーのプラズマコーティング。太陽光エネルギーシステム用耐腐食性コーティング。プラズマ ポリマー ナノコーティング。太陽光発電モジュールのプラズマポリマーコーティング。

Openair®プラズマによる太陽光エネルギーシステムの
性能と長期効率性の改善

太陽からの放射光は、豊富なエネルギー源として利用することができます。地球表面に放射される総エネルギー量は、人類が必要とするエネルギー量の7000倍以上に達しています(出典:Volker Quaschning, Regenerative Energy Systems, Hanser Verlag, Munich)。

過去数十年間にわたり、太陽光エネルギーシステムで利用可能なソーラー技術に関する研究が活発に行われてきました。この研究では主に、太陽熱エネルギーと太陽電池の2つの方法が検討されています。

太陽光発電モジュールや集光装置など、太陽光エネルギーシステムに取り入れられた技術は、常に風化作用に曝されています。したがって、これらの構成要素については、特に湿度・温度の変動など、環境による影響から保護しなければなりません。なかでも地球上で最も日照の多い地域では、昼間と夜間の温度に大きな差が生じます。そのため、ケーブルやモジュール、コンバーターを保護し、シーリング機能を長期間確実に維持するには、厳しい要件が課せられることになります。

水などの熱伝導媒体の加熱・貯蔵用としての放射熱の利用。

Openair®プラズマ処理を利用すれば、高品質の材料を製造することができます。それにより、ソーラー技術を高効率で利用するための最適条件を整えることができます:

  • プラズマ活性化により、非常に信頼性が高く、防水性と長期安定性を備えた接着接合を用いて耐候性太陽光発電モジュールを製造することができます(太陽電池)
  • PlasmaPlus®プロセスのプラズマコーティングを利用すれば、太陽光エネルギーシステムで使用する太陽熱ミラーに、信頼性の高いガラス状の耐腐食性コーティングをほどこすことができます(太陽熱エネルギー)
  • プラズマ ポリマーナノコーティング(プラズマポリマーコーティング)により、太陽光発電モジュール表面の一部に、以下のような機能特性を選択的に付加することができます
    ‐ 透過率の改善(反射の抑制)
    ‐ バイオフィルムの形成防止(苔や藻の増殖)
    ‐ 超疎水性付着防止コーティング(防汚)

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language