テーマ:プラズマシステムのプロセスモニタリング。プラズマ発生時・プラズマ処理実施時のプロセス能力。プラズマシステムにおけるプロセス管理。

プロセス能力を最大に高めるために: Openair®プラズマ三重プロセスモニタリング

Openair®プラズマシステムは、99%以上の稼働率を達成しています。そのためプラズマトリート社のお客様に最大限のプロセス能力をご提供することができます。またOpenair®プラズマノズルには、三重プロセスモニタリング装置を設置することができます。そのため、システムの機能停止に素早く効果的に対応し、防止することができます。

光学モニタリング/管理

均一な高品質のプラズマを維持するには、発生したプラズマ流のスペクトルを連続的にモニタリングする必要があります。プラズマノズルに内蔵したセンサーを1チャンネル光学検出システムの一部として使用し、プラズマからの発光を測定します。測定後、発光に関連するスペクトル範囲の振幅評価を連続的に行います。このモニタリングはプラズマの発生の有無とは無関係に実施するものです。それにより、プラズマのプロセスパラメータについて信頼性の高いデータを得ることができます。

移動制御装置/モニタリング

プラズマ強度や実効距離の他にも、プラズマノズルの移動速度・回転速度が処理の品質を決定する重要な基準となります。プラズマトリート社のシステムでは、移動制御システムを利用し、プロセス稼働の信頼性と高い製造プロセス信頼性を確保しています。

媒体供給制御

プロセス固有のプラズマパラメータ(温度、強度)を確実に再現するためには、媒体の供給を制御する必要があります。プラズマトリート社では、小型コントローラーによる制御を行うフロー測定装置など、必要な全てのモニタリング装置をご用意しています。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

溶剤の代わりにプラズマ技術
Audi Q5のコックピット - プラズマがマスキングの代わりに
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language