テーマ:航空機製造における炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の接着・塗装前の大気圧プラズマ表面処理。

航空機製造分野の新材料:大気圧プラズマによる効率的な前処理

航空機製造分野では、同業界で使用する材料の抜本的な移行が生じています。これまで、航空機の外殻やストリンガには、ほぼ全てアルミニウム合金を使用していました。現在では、これらのコンポーネントは、主に炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を材料として製造されています。
この材料が初めて工業用途に使用されたのは、2007年のことです。この年、ボーイング社は同社のB787ドリームライナー航空機にCFRPを採用しました。それ以降、CFRPの強化がさらに進み、現在では、例えばエアバスA350WXBを構成する材料の40%以上がCFRP材料となっています。

航空機製造におけるOpenair®プラズマによる表面処理は、数多くの優れた長所を備えた技術革新をもたらす要因となっています。

  • プラズマ前処理により、CFRPコンポーネントの安定性を改善。
  • Openair®プラズマにより、二次接合・塗装作業における信頼性の高い高品質加工を実現。
  • Openair®プラズマにより、大型コンポーネントに対する選択的なロボット誘導型プラズマ前処理を初めて実現。
  • この種のコンポーネントは規模が大きいため、チャンバーに入れての処理ができないため、大気圧下の前処理に適しています。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

大気圧プラズマを活用して恒久的な接着の前処理
Romeo Sierra calling Papa Tango- プラズマが安定した無線通信を可能に
Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language