テーマ:製造プロセスにおけるプラズマ処理。プラズマ表面処理。塗装・塗膜密着性の強化。接合剤:接着接合。印刷。塗装。コーティング。

効率的かつ革新的:製造プロセスにインラインで組み入れたOpenair®プラズマ処理。

大気圧プラズマを利用して加工を行う代表的な応用分野としては、接着接合、複合材の接合、印刷、塗装、コーティング、2色押出加工などがあげられます。

Openair®プラズマ処理は、包装材、印刷、家庭用家電製品業界から、医療、電子機器、テキスタイル・エンジニアリング、コイルコーティング、自動車、造船、航空機業界に至るまで、ほぼ全ての工業製造プロセスで利用されています。

これら全ての工業用途分野において、プラスチックや金属、ガラス、繊維、フィルムなどの材料の接合、印刷、塗装が行われています。この場合、新たなカスタム化した材料特性の実現に向けて、2種類の異種物質の組み合わせを試みた際に、それぞれに特有の課題が生じるケースが多く見られます。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

クロムフリー表面処理 –
アルミ産業におけるPlasmatreat
「接合技術 - トレンドとソリューション」
Plasmatreat CEO、Christian Buskeの解答
自然をお手本に –
軽量パネル製造にプラズマ利用
2018 高機能素材 Week幕張メッセ:接
接着・接合EXPO

2018年12月5日(水)~7日(金)
小間番号:6ホール 34-1, Japan

2019 オートモーティブワールド
東京国際展示場:クルマの軽量化 技術展

2019年1月16日(水)~18日(金)
小間番号:E72-98, Japan

Language