テーマ:玩具への印刷。プラスチック製玩具へのインクの接着。無害な印刷用インクを用いたインク接着性の改善。

玩具に関する厳しい基準 ‐ Openair®プラズマによる安全な加工とインクの接着

「玩具から剥がれ落ちた印刷インクは、あっという間に幼児の胃に入り込んでしまいます」‐この有名な玩具メーカーによる警告文は、玩具に厳しい安全要件を課す必要があることを示しています。したがって、玩具に使用するインクシステムは、食品着色剤に適用される要件と同じ要件に適合していなければなりません。また同時に、玩具用プラスチック製部品の製造には、鉛などの有毒な安定剤を使用することはできません。
したがって、コスト効率に優れた方法を用いて玩具を製造するという一般的な課題を克服すると同時に、品質に優れた印刷インクの接着を可能にするためには、革新的な製造プロセスが必要となります。
Openair®プラズマを利用すれば、多種多様な材料の加工に必要となる高レベルの表面張力を確実に達成することができます。ここで最も重要な意味を持つのが、このプロセスは化学薬品を使用しない、純粋な物理的プロセスであるということです。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

プラズマにセンセーショナルな結果
「プラズマスキー」特許: スポーツスキーにおける躍進の突破口に
Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language