テーマ:エネルギー技術におけるプラズマ処理。ソーラー技術。風力システム。EV/FCV。エネルギー貯蔵システム。断熱。製造プロセスにおけるエネルギー効率。

再生可能エネルギーと省エネルギー ‐
その鍵となる大気圧プラズマ技術

現代に生きる私たちが抱える問題の中心となっているのが、気候変動、減少し続ける資源、新たな環境意識の高まりです。私たちはいま、以下の実現を目指す新エネルギー時代の入口にさしかかっています。

  • ソーラー技術や風力システムなどの再生可能エネルギー技術の性能を高め、発電量kWhあたりのコストを削減すること。
  • 高効率ガス集積システムやバッテリーシステムへのエネルギー貯蔵
  • 自動車用の新型駆動モーターの導入
  • 住宅・産業用建造物における省エネルギー構造と高効率断熱
  • あらゆる工業生産分野における効率性に優れた新プロセスの導入


Openair®プラズマ処理とPlasmaPlus®プロセスを利用すれば、これら全ての分野において新たな技術開発を行うことができます。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language