テーマ:布地のプラズマ表面改質処理とプラズマコーティング。織物の機能化。プラズマ機能性コーティング。布地の疎水性・親水性コーティング。

プラズマコーティングが生み出す付加価値 ‐PlasmaPlus®を利用して布地を精密に機能化

織物には、自己洗浄機能仕上げや生体活性表面、難燃性など、新しい材料特性を付与することができます。その結果、全く新しい用途が誕生する可能性が生まれます。また、従来の材料を安価な代替材料に交換することが可能なケースも多く見られます。

スポーツウェアやレクリエーション用ウェア、防護服、バリア繊維製品、医療/衛生用繊維製品の製造や、繊維構造を備えた膜の製造には、機能性コーティングを施した布地が必要となります。プラズマトリート社のPlasmaPlus®を活用することで、上記のプロセスを極めて効果的に行うことができます。このシステムはインラインに簡単に組み入れることが可能であり、織物に低コストでさまざまなナノコーティングを施すことができます。

PlasmaPlus® コーティングは、織物の機能化に関する数多くの長所やオプションを備えています:

  • 材料応力を低く抑えつつ、高い蒸着率を実現
  • 親水性から疎水性まで、汎用モデルによるプロセスが可能
  • 防油・防水コーティングが可能
  • 長期間、安定するコーティングを実現

パートナーと事例紹介

Freudenberg Forschungsdienste KG

プラズマテクノロジーによる環境に配慮した表面のカスタム化

Freudenberg Forschungsdienste KGは、環境に配慮した資源効率の良い性質ゆえに、プラズマテクノロジーを未来の表面加工テクノロジーとして評価しています。

事例紹介を読む

パートナーと事例紹介

CREPIM

火災予防の新技術

フランスのCREPIM Instituteは、火災予防規定の対象となる、あらゆる産業に使われる難燃性素材の研究に力を入れています。試験所ではPlasmaPlus® ポリマー化を用いて、異なる性質の基板の火災における作用を改善させる研究を行っています。

事例紹介を読む

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language