テーマ:パネル 前処理 システム。軽量構造のプラズマ処理。プラズマパネルシステム。複合材パネルやWPCのプラズマ活性化・前処理。

軽量パネル用プラズマシステム

車両製造家具業界など多くの業界では、将来的に重要となる課題を克服する有望な技術として、軽量構造に非常に注目しています。例えば軽量パネルを利用すれば、原材料コストを抑え、製造業務におけるエネルギーの利用効率を高め、物流コストを抑えることができます。

軽量パネルを製造するには、複数の層を互いに確実に接合しなければなりません。軽量サンドイッチパネルの中心となるのが、ガラス繊維強化ポリプロピレン製のハニカム構造ボードです。このボードを採用することにより、重量を減らし、パネルの剛性を高めることができます。さらに、このボードには高品質の塗装仕上げを施さなければなりません。

確実な接合とコスト効率に優れた製造

複合材エレメントを確実に接合し、無極性材料に塗装を施すためには、広い面積に高速で前処理を施さなければなりません。

Openair®インラインプラズマシステムは、コスト効率に優れた複合材パネルの製造の可能性を切り開く技術です。プラズマトリート社のマルチローテーションノズル付XRD1010システムを利用すれば、高性能の活性化を可能にすると同時に、広い面積を処理し、処理速度を最大限に高めることができます。またOpenair®プラズマ処理を施すことにより、リサイクルプラスチックや木材プラスチック複合材(WPC)などの代替材料を高い信頼性をもって使用することができます。

Plasma system for panel pretreatmentプラズマ大型パネルシステム
The plasma large panel system comprises three main elements: the generators (left), the panel pretreatment system (center) and a height-adjustable maintenance platform (right).

プラズマ大型パネルシステムは、主にプラズマジェネレーター(左)、パネル前処理システム(中央)、高度調整式メンテナンス用プラットフォーム(右)の3つの要素で構成されています。

プラズマトリート社のプラズマローテーションノズル装置は、連続インライン製造において、最大幅3メートル、最高速度25 m/分の前処理が可能です。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language