テーマ:押出プロセスにおけるプラズマ処理。EPDM押出成形品のコーティングとフロックコーティング。機能性コーティングの接着。EPDMシール材。.

Openair®プラズマ前処理 – EPDM押出成形品の信頼の高いコーティングとフロックコーティング

EPDMドアシールは、2種類の重要な機能を発揮します。ドアシールは目張り材として機能すると同時に、自動車内で感じる騒音レベルを低減します。自動車用ドアシールには、特殊な表面仕上げを施し、埃の粒子がシールに付着しないようにしなければなりません。しかし、押出プロセス中に機能性コーティング(摩擦防止/フロックコーティング)を接着するのは、簡単なことではありません。
これまで、EPDM押出成形品の表面には、回転ワイヤブラシを用いて連続的に凹凸を付ける必要がありました。このプロセスは、結果を予測することが難しい複雑なプロセスです。

EPDM押出成形品へのプラズマ前処理は、非常に優れた長所を備えています。そのため、自動車業界における最先端技術としての地位を短期間のうちに確立しました:

  • 不良率の低下による生産性の向上
  • プラズマ装置による完全なプロセス監視
  • 堅牢な装置構成によって24時間連続運転ができます。高稼働率(99.5%以上)
  • 短時間での組立が可能:断面形状に合わせて、ノズルの配置が簡単に設定可能です。

パートナーと事例紹介

Hutchinson

EPDMシールの塗装・接合

ハッチンソン社(ドイツ、アーヘン)では、自動車業界向けのEPDM押出成形品に塗装やフロック加工を施す前に、Openair®プラズマを用いて前処理を行っています。その長所としては、スクラップの減少、生産性の向上、最も高いプロセスの安全性・信頼性があげられます。

事例紹介を読む

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

高品質を短時間で。「プラズマ・チューブ」はシール部材のセット時間を最短に
プラズマと樹脂・プラスチック基板の接着
Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

Language