テーマ:VOCフリー接着剤の使用とEPDMプロファイルへの摩擦防止 コーティング。エチレンプロピレンジエンゴムの表面張力の強化。EPDMのプラズマ活性化。

プラズマ前処理を施すことにより、揮発性有機化合物不使用・溶剤不使用接着剤の使用と摩擦防止コーティングが可能となります

Openair®プラズマ前処理により実現する主な効果として、材料表面の活性化があげられます。無極性EPDMプロファイル表面では、特定の化学官能基(OH基、COC、CH3、水酸基、カルボニル基、カルボキシル基など)を付与します。また表面張力を72 mN/m以上にまで強化します。

 摩擦防止コーティングを施したEPDMプロファイル
 フロックコーティングを施す前のEPDMプロファイル

プラズマ前処理を利用して、材料表面に接着に最適な状態を作り出すことにより、VOC(揮発性有機化合物)を含有しない水性接着剤と摩擦防止コーティングシステムを、EPDMプロファイルの処理に使用することに初めて成功しました。Openair®プラズマは、プロセスに簡単に組み込むことが可能であり、優れた接着効果を確実に発揮します。

パートナーと事例紹介

Hutchinson

EPDMシールの塗装・接合

ハッチンソン社(ドイツ、アーヘン)では、自動車業界向けのEPDM押出成形品に塗装やフロック加工を施す前に、Openair®プラズマを用いて前処理を行っています。その長所としては、スクラップの減少、生産性の向上、最も高いプロセスの安全性・信頼性があげられます。

事例紹介を読む

メインテーマに戻る EPDMプロファイル

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

高品質を短時間で。「プラズマ・チューブ」はシール部材のセット時間を最短に
プラズマと樹脂・プラスチック基板の接着
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language