テーマ:電子機器分野におけるポテンシャルフリープラズマ前処理。高感度電子部品の製造におけるコスト効率性とプロセス信頼性。

高感度電子機器の製造に最適な技術:ポテンシャルフリーOpenair®プラズマ

電子機器業界において、Openair®プラズマ前処理は、コスト効率性とプロセス信頼性の実現に欠かせない資産です。傷防止機能を備えたディプレイ用透明コーティングの場合、Openair®プラズマ前処理を施すことにより不良率が大幅に低下するとともに、完璧な外観を実現することができます。プリント基板に導電性コーティングをプリントする場合には、プラズマ活性化、超微細クリーニング、静電放電を事前に行うことにより、コーティングを確実に接着します。切屑詰まりに関しては、Openair®超微細クリーニングを利用することにより、真空チャンバーを使用する必要をなくすことができます。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

きわめて高度な付着性 - プラズマテクノロジーで航空無線の電子回路を保護
もしフィルムがくっつかなかったら - タッチフィルム接着におけるトラブルシューターとしてのプラズマ
エレクトロニクス:Kaizenとプラズマで未来へ
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language