テーマ:プラズマ活性化 ‐ 表面活性化・表面改質処理。プラスチック、金属、ガラス、無極性材料の活性化、表面の濡れ性の改善

Openair®プラズマ活性化:ターゲットを絞り込んだ、局所的かつ環境に優しい、長期安定性を備えた、効率に優れた表面活性化

原材料には、その後の工程においてコーティング塗装接着を施すコンポーネントの種類にかかわらず、選択的な表面活性化を必ず行わなければなりません。材料の多くは、水性インクによる印刷など、プライマーレス接着剤による長期安定性を備えた接合や、複合材の製造に不可欠な表面張力を備えていません。

Openair®プラズマ活性化により、プラスチック、金属、繊維、ガラス、リサイクル材、複合材の表面改質処理を、極めて効率的に行うことができます。プラズマ活性化により目標とする表面エネルギーを定め、必要な個所を選択的かつ正確に活性化することが可能です。それにより、表面の濡れ性を大幅に改善することができます。

濡れ試薬を用いた表面張力の測定結果:
表面張力が小さい場合、表面を濡れさせることはできません。Openair®プラズマ活性化を利用した表面改質処理を施すことにより、材料表面の濡れ性を大幅に改善することができます。

大気圧プラズマによる表面活性化が可能にすることとは

Openair®プラズマによる表面活性化は、長鎖ポリマーを成分とするプラスチックなどの無極性材料の処理が必要な場合に特に効果を発揮します。この種の無極性表面の場合、接合やコーティングを簡単に施すことはできません。プラズマエネルギーを利用すれば、表面張力を選択的に改善することによって、この種の材料を簡単に処理することが可能となり、接着接合プロセスを利用して新しい材料を組み合わせた製品を製造することが可能となります。

Openair®Plasma activation: plasma surface activation & surface modification

Openair®プラズマ活性化の長所:

  • 高速プロセス・安全性
  • 均質なプラズマジェットによる広いプロセスウィンドウ
  • コスト効率に優れた、環境に優しい前処理
  • 前処理の際にコロナ効果が生じないため、材料が高電圧に接触しない
  • ロボット制御による製造ラインへのインラインでの組み入れ

パートナーと事例紹介

Peguform GmbH

フレーム処理に代わるプラズマ処理

Peguform社では、一般的なフレーム処理法の代わりにOpenair®プラズマを用いて、アウディQ5オフロード車用計器パネルの前処理を行っています。「低温」プラズマノズルを選択的に照射するため、マスキングを行う必要がなく、同時にプラスチックの過熱を防ぐことができます。

事例紹介を読む

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Audi Q5のコックピット - プラズマがマスキングの代わりに
接着材料: 軽量パネルの接着性を向上
Material World Osaka 2016
Highly-functional Material World, Osaka 2016

2016年10月5日(水)~7日(金)
Hall 6, Booth A-S-488
Intex Osaka, Japan

LED & LIGHTING EXHIBITION 2016
LED & Lighting
12th International LED, Lighting and Interior Electric Installation Exhibition

2016年10月6日(木)~9日(日)
Hall 9, Booth A-140
Istanbul Expo Center (IFM)
Istanbul, Turkey

Language