テーマ:車両製造における構造接合。プラズマ表面活性化処理。プライマーを使用しない構造接着剤。

車両製造における信頼性の高い構造接合のためのOpenair®プラズマ活性化、環境に有害なプライマーを使用しません

現在の大型車両の上部構造の組立では、全体に接着接合を用いることにより、強度を高め、継手の耐久性を強化すると同時に、製造コストを抑えています。車両製造業界は、構造接着剤をもっとも消費する業界の一つとなっています。このことは、構造接合に対する需要が高いこと、そしてその需要を満たす高い信頼性を備えた、再現可能な前処理が必要であることを示しています。

トラック製造においては、環境に有害なプライマーを用いた機械的粗面化・活性化などの従来型の前処理に代わり、表面活性化のためのOpenair®プラズマ処理が利用され、成功を収めています。

 サンドイッチパネルの構造接合用プラズマ処理

車両上部構造の製造におけるOpenair®プラズマの長所:

  • プロセスの清浄度を改善
  • 製造タクトのアップ
  • 前処理の完全自動化
  • ISO規格に適合したプロセスモニタリング

パートナーと事例紹介

Schmitz Cargobull社

オープンエアプラズマを用いた冷蔵トラックの製造

優れた接着機能、最高レベルのシールの密閉性、可能な限り最善の環境保護‐これらは全て、新しい接着装置の製造に不可欠な要素となります。現在、欧州トレーラー製造の最大手企業から、年間15,000台を超える冷蔵トラックがOpenair®プラズマ処理をされ、出荷されています。

事例紹介を読む

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language