テーマ:プラズマ医療。プラズマ医療研究プログラム。医療分野におけるプラズマ研究。プラズマ滅菌処理。プラズマ殺菌。プラズマ殺菌。

プラズマ医療 ‐ Openair®プラズマは、創傷の治療に直接利用可能か?

プラズマ医療とは、プラズマを利用して人の細胞を直接治療する方法を指す用語です。ドレクセル大学(ペンシルバニア州フィラデルフィア)のゲイリー・フリードマン教授の研究グループは、15年近くにわたり、大気圧プラズマシステムを用いた皮膚の治療方法に関する先駆的な研究を行ってきました。同教授は、ヒトの皮膚にプラズマが与えるさまざまな直接・間接的影響について、初めて試験を行った人物です。その研究過程において、同教授は、プラズマの利用(プラズマ殺菌)による細菌数の減少と創傷の治癒との間には相関性が存在することを発見しました。

現在では、数多くの研究機関により、この研究が国際的に集中的に行われています。ドイツのプラズマ医療研究プログラム(グライフスヴァルト大学)、デュッセルドルフ大学、ボーフム大学、マックス・プランク研究所(ミュンヘン)では、この件に関して特筆すべき成果をあげています。

プラズマトリート社は、医療における技術表面の消毒、いわゆるプラズマ滅菌処理の分野に関する豊富な経験を有しています。Openair®プラズマジェットを連続操作モードで利用すれば、表面を特に効果的に処理することができます。プラズマエネルギーはその性質上、電位が発生しないため、原理的にはヒトの皮膚の治療に適しています。
プラズマジェット技術を人間医療用として利用できるようにするためには、幅広い検証を行い、新たなジェット技術を開発する必要があります。制御可能な医療用プラズマ処理システムを開発すれば、未来に向けた大きな可能性を開くことができます。
プラズマトリート社では、可能性に満ちたプラズマ医療分野の探索に向けた協力機関を新たに募るため、大学や研究機関と活発な交流を積極的に行っています。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

医療技術: 安定した、そして毒性のないコーティングをインラインで作り出す
医療: 通常気圧下で処理するプラズマ・ナノコーティングで新しい表面機能
プラズマトリート社は研究開発部門を拡大
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language