テーマ:プラズマシステムによるコイルコーティング。化学薬品を使用しないコイルコーティングプロセス。アルミニウムシート材のクリーニング。耐腐食性コーティング・塗装前の表面活性化。

プラズマシステムによるコイルコーティングプロセス ‐ 化学薬品を使用せず、廃水を生じない効率性に優れた超微細クリーニング

効率性に優れたOpenair®プラズマ活性化の例として、プレコートシートメタル(コイルコーティング)の製造があげられます。この材料は、家電製品の工業生産や自動車業界で必要とされる材料です。
コイルコーティングプロセスでは、金属ストリップに表面コーティングやワニス塗装を施し、耐腐食性を最適に高めるとともに、その後の製造プロセスを簡素化します。コーティング層やワニスを長期間接着するためには、まず超微細クリーニングプロセスにより、アルミニウムストラップの圧延オイルを完全にクリーニングしなければなりません。
Plasma system for coil coating - Griesser overall systemGriesser社システムの全体写真
Plasma system for coil coating - Griesser overall system
The Openair® plasma system can be integrated inline directly upstream of the coating station in the rolling mill.コイルのOpenair®プラズマ前処理
Openair®プラズマを利用すれば、残留物を全て確実かつ効率的に除去することができます。また材料表面を活性化し、最適な接着条件を整え、表面を完璧に仕上げます。Openair®プラズマ処理は、圧延装置のコーティング工程の上流側に直接インラインで組み入れることができます。
また乾式プラズマプロセスは、非常に環境に優しい技術です。他の方法による超微細クリーニングに必要な大量の化学薬品は、全て不要となります。また湿潤化学処理に必要な、大量の時間とエネルギーを消費する乾燥プロセスも不要となります。

Openair®プラズマシステムによるコイルコーティングの長所:

  • 効率性に優れたアルミニウムコイルのクリーニング
  • 耐腐食性コーティング・ワニス塗装前の表面活性化
  • 水や化学薬品の使用量を節約し、廃水の量を抑制
  • 片面/両面前処理が可能
  • 汚染の程度に応じてノズルの構造を変化
  • コスト効率に優れたインラインへの組み入れ
Coil Coating Plasmaanlage Griesser AG

パートナーと事例紹介

Griesser社

世界初公開:オープンエアプラズマを利用したコイルコーティング

Griesser社(スイス)は、世界で初めてOpenair®プラズマを利用し、アルミニウム片に対する環境に優しい前処理を実現した企業です。この前処理法の採用により、年間に発生する汚染廃水の量を数千トン削減しています。

事例紹介を読む

Plasmavorbehandlung für die Bandlackierung im „coil coating“-Verfahren

パートナーと事例紹介

NanoCraft

コイルコーティング -テスト結果「非常に良い」

独立したリサーチサービス会社としてNanoCraft社は、お客様からのご要望でプラズマトリート社が開発したシステムを検証しました。

事例紹介を読む

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

プラズマでアルミ圧延ロールの化成処理をなくした処理を
parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language