テーマ:プラズマ発生用Openair®プラズマノズル ‐ シングルノズル・回転プラズマシステム。コールドプラズマの発生。プラズマロボットシステム用ノズル 。

Openair®プラズマ源:各種要件に特化したプラズマシステム

材料に向けたプラズマノズルを使用して、プラズマを発生し、分散します(コールドプラズマを発生)。ステータとローターの間に高電圧を印可することにより、ノズル内でプラズマが発生します。処理ガスを用いてノズルヘッドを通じ、発生したプラズマを吹き付けます。
プラズマトリート社では、特許取得済のノズルシステムを用いて、優れた効果を発揮する極めて信頼性の高い工業用表面処理用ツールを開発しました。プラズマ源としては、シングルノズルと回転プラズマシステムの双方を利用することができます。
シングルノズルは、噴射口の角度が比較的小さく、したがって幅の狭いプロファイルの処理に適しています。回転原理を利用した回転プラズマシステムは、処理幅の大きな材料全体に均一に前処理効果を施すことが可能であり、したがって面積の大きな材料の処理に適しています。
プラズマスロットノズル:処理速度と処理を行う材料との距離に応じて、さまざまなレベルで表面を活性化することができます。処理パラメータは全て正確に評価し、再現することが可能です。

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

溶剤の代わりにプラズマ技術
Audi Q5のコックピット - プラズマがマスキングの代わりに
Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language