テーマ:プラズマノズル ‐ RD2004プラズマノズルを用いたハンド操作によるプラズマ処理。プラズマローテーションノズル。面積の広い表面のプラズマ処理。プラズマロボットシステム。

RD2004プラズマノズル:コンパクトな設計、幅広い応用分野

RD2004プラズマノズルの長所は、多種多様なOpenair®プラズマ技術の用途に適したコンパクトな設計にあります。本体をスリム化したことにより、さまざまな個所へのアクセスが可能となり、設置が難しい条件でも効果的な処理を行うことができます(射出成形加工装置のオープンツールなど)。また複数のプラズマノズルを一列に並べることが可能な構造を備えており、面積の広い表面でも均一な処理を施すことができます。
 RD2004プラズマノズル
 処理面積の広い表面に適したRD2004
プラズマローテーションノズルRD2004は、1.8 kgと軽量であることから、ハンドリングシステムロボットシステムに取り付けて使用するのに最も適した製品です。このノズルを使用すれば、極めて高い精度で外形に沿った処理を行うことができます。プラズマノズル内部の高電圧放電によりプラズマを発生し、圧縮空気を用いてワークピース表面にプラズマを吹き付けます。ほとんどの場合、コンポーネントの温度上昇幅は20℃未満となります。プラズマノズルを最適な条件に調整した場合、表面には肉眼で判るような変化は生じません。また72 mN/mを上回る高い表面張力を確実に達成することが可能です。

プラズマノズルRD2004の長所

  • 軽量:ロボットシステムや輸送システムにおける使用に最適
  • コンパクトな設計:複雑でアクセスが難しい形状を備えたコンポーネントの前処理が可能
  • コスト効率に優れた設計:実験施設における使用に最適
  • 高い汎用性:RD2004Hの特殊な設計により、輸送システムを使用せずにハンド操作によるプラズマ処理が可能

メインテーマに戻る プラズマノズル

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

溶剤の代わりにプラズマ技術
Audi Q5のコックピット - プラズマがマスキングの代わりに
parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language