テーマ:コールドプラズマの発生。プラズマノズル。プラズマローテーションノズルPFW1004。EPDMプロファイル処理用プラズマノズル。

RD1004ローテーションノズル:コールドプラズマ ‐低温熱注入による超微細クリーニングとプラズマ活性化

RD1004プラズマローテーションノズルを使用してコールドプラズマを発生します。このプラズマノズルは、熱による影響を受けやすい複雑な形状の表面・材料の処理に適しています。
 RD1004プラズマノズル
特許取得済のロータリーシステムにより、処理を施す材料にプラズマ効果を均一に作用させます。その際、パルス状のプラズマを用いて、表面を数回、短時間スイープします。それにより、熱注入量を低く抑えつつ、クリーニング活性化を極めて効果的に行うことができます。

プラズマローテーションノズルPFW1004の用途の例

  • EPDM・TPEプロファイル:接合前のインラインプロファイル処理、フロック加工、摩擦防止コーティング加工
  • 自動車業界における無極性ワニスのクリヤコート処理
  • PCB:印刷・オーバーモールド処理前に行うポテンシャルフリー前処理
  • 家電製品、高光沢ポリプロピレン(PP):パッド印刷前に行う作用の穏やかな前処理
  • 孔径の大きな穴、溝など、必要な噴射口角度が異なるカスタム用途。

噴射口角度の異なるOpenair®プラズマローテーションノズルの例

 各種ノズルヘッドの例

メインテーマに戻る プラズマノズル

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

クロムフリー表面処理 –
アルミ産業におけるPlasmatreat
構造部材の接着:プラズマによって溶剤と粗面処理が不要に
溶剤の代わりにプラズマ技術
2019 オートモーティブワールドボートメ
ッセなごや:クルマの軽量化 技術展

2019年9月18日(水)~20日(金)
小間番号:360, Japan

Language