テーマ:Openair®プラズマノズル。プラズマノズル・プラズマジェネレーター用ノズルPFW10・PFW20。選択的プラズマ前処理。高感度コンポーネントのゼロ電位プラズマ処理。

シングルノズル:PFW10・PFW20

Openair® PFW10プラズマノズルを利用すれば、電位を発生することなく(材料に電位を伝導することなく)、極めて高い精度で外形に沿った前処理を施すことができます。このプラズマノズルは、主に高エネルギーの高速プロセスによるプラズマ処理を部品に施す場合や、ワークピースの特定の部位(接合溝など)のみを選択的に処理する場合に使用します。Openair® PFW10・PFW20プラズマノズルは、サーキットボードなど、超高感度コンポーネントのポテンシャルフリープラズマ処理にも適したツールです。
 PFW 10プラズマノズル
Potenzialfreie Plasmabehandlungプリント基板のゼロ電位プラズマ処理

用途の例

  • プラスチック、金属、ガラスのプラズマクリーニング・活性化
  • フィルム、立体コンポーネント
  • PPヘッドライト筐体:フルート接合溝の正確な前処理
  • ボトルのラベリング加工:インライン水性接着剤システムの利用が可能。
  • EPDMプロファイル:全ての側面へのラミネート加工が可能な十重ノズル
  • アルミニウムプロファイル:酸洗浄・クロメート処理の代替法としてのノズルツールの配置
  • カートン:縦方向継ぎ目の前処理、最高輸送速度600 m/分

ワークピースが有する特定の特性に対する前処理プロセスの最適条件の調整

Openair®プラズマノズルは、用途特有のプロセスに合わせて調整することが可能です。例えば、噴射口角度の異なる各種バージョンのノズルを利用することができます。お客様の多種多様な要件を満たすための基盤として、すでに50種類以上のノズルヘッドの利用が可能となっています。
 各種Plasmatreat®ノズルヘッドの例

特殊設計

またオプションとして、90°ケーブルコネクタ付のPFW10PFW20もご用意しています。この構造は、特にノズルの取付スペースが限られている(ノズルが短い)場合に適しています。

メインテーマに戻る プラズマノズル

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

溶剤の代わりにプラズマ技術
Audi Q5のコックピット - プラズマがマスキングの代わりに
Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language