テーマ:食品パッケージング材への印刷。パッケージング材へのインク接合。ロータリースクリーン印刷における熱成形フィルムの前処理。

食品用熱成形フィルム用Openair®プラズマ‐ 高速加工における印刷インクの接着性の強化

食品パッケージング材においては特に、画像を高品質で印刷する必要があります。ただし、製品へのインクの流入を防止しなければならず、またインクがパッケージング材に確実に接合していなければなりません。ヨーグルトやマーガリンなどの画像を印刷したカップは、その内容物を充填する前に積み重ねて輸送する必要があります。しかしその際に、カップの外側に印刷されたインクが、重なり合ったカップの内側に転写してしまうことは、絶対に防止しなければなりません。

 熱成形フィルムのプラズマ前処理による確実なインク接着

Openair®プラズマによる前処理を施せば、このような悪影響を安全に防止することができます。プラズマ活性化を行うことにより、食品パッケージング材への印刷インクの接合性を大幅に改善することができます。インクが他に転写されることはありません。またその後のフラットスクリーン印刷やロータリースクリーン印刷の速度も大幅に高められます。

メインテーマに戻る プラスチックパッケージング

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language