テーマ:開封明示機能付キャップや開封済みシール、タックスラベルの接着

開封済みシール ‐Openair®プラズマ前処理によるガラス・金属への強力接着

Openair®プラズマを用いたプラズマプロセスが初めて採用された用途の一つとして、ボトルやガラス用キャップにラベルを貼り付ける前に行うプラズマ前処理があげられます。

 開封済みシール貼付のためのプラズマ処理

パッケージの内容物の健全性を保証するためには、開封明示機能付キャップやタックスラベルを使用する必要があります。この種のシールは、(ガラスに貼り付けた)メインラベルから(金属/プラスチック製の)キャップまでをカバーするように接着する必要があります。

この種の用途で使用するキャップの製造は、冷間成形プロセスを利用します。このプロセスでは潤滑剤を使用するため、その残留物がキャップの表面に付着する可能性があります。そのため、接着処理を行う前に、微細クリーニングを施す必要があります。

Openair®プラズマによるプラズマ前処理を施すことにより、メインラベルとシール用ラベルの双方とも、同じ接着剤を用いて全体を貼り付けることが可能となります。

メインテーマに戻る ガラス/金属パッケージング材

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

プラズマ技術が包装業界の問題を解決
parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language