テーマ:静電気防止 コーティング。静電気防止コーティング。ディプレイにコーティング処理を施す前の微細クリーニング。

TVスクリーンに静電気防止コーティングを施す前にOpenair®プラズマ微細クリーニングを実施することにより、スクラップの発生を大幅に抑制

各大手製造業者は、長年にわたりOpenair®プラズマプロセスを利用し、ブラウン管の静電気防止コーティングの品質を改善してきました。現在では、LCDモニターやLEDモニターの製造でも、同様の品質を実現しています。
コーティング処理中に極めて微細な埃の粒子が侵入しただけでも、コンポーネント全体を廃棄しなければならないおそれがあります。クリーンルームを使用した場合でも、Openair®プラズマによる微細クリーニングを組み入れることにより、スクラップ率をさらに大幅に下げることができます。

パートナーと事例紹介

GfO社 (Nanogate Group)

透明な画面

2007年以降、GfO社ではOpenair®プラズマシステムを使用し続けてきました。毎年、数万台ものPC/PMMA製ディプレイウィンドウにハードコーティングを施す前に、大気圧プラズマによる処理を行っています。

事例紹介を読む

メインテーマに戻る ディスプレイ

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language