テーマ:ディプレイ用傷防止プラズマコーティング。プラスチック(PC、PMMA)用傷防止透明コーティング。

透明な外観の傷防止表面 ‐ プラスチック・LCDディプレイ用Openair®プラズマ処理

製造プロセスの最終段階では、ディプレイに特殊コーティングを施します。このコーティングにより、PC(ポリカーボネート)やPMMA(ポリメチルメタクリレート)製ディプレイなどの傷防止機能を高め、表面の品質を改善します。
このコーティングを確実に接着させるためには、表面に前処理を施さなければなりません。Openair®プラズマを利用すれば、低圧プラズマ処理を利用した複雑なプロセスに代わる、完全なインラインプロセスを実現することができます。

それにより、ディプレイ製造におけるプロセスチェーンを大幅に簡素化し、スクラップ率を大幅に下げることができます。

パートナーと事例紹介

GfO社 (Nanogate Group)

透明な画面

2007年以降、GfO社ではOpenair®プラズマシステムを使用し続けてきました。毎年、数万台ものPC/PMMA製ディプレイウィンドウにハードコーティングを施す前に、大気圧プラズマによる処理を行っています。

事例紹介を読む

メインテーマに戻る ディスプレイ

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language