表面技術協会GfO社 (Nanogate Group)
(GfO Gesellschaft für Oberflächentechnik AG):
塗装前のディスプレーウィンドウにインラインで前処理

数年前、世界有数のプラスチック表面仕上げの専門会社の1つであるドイツ表面技術協会GfO社が、プラスチック製のディスプレーウィンドウを塗装する工場の建設にあたり、新しいインクジェット方式を導入するという課題に直面しました。

適用例

今日要求されるような高度自動化に対応するためには、ディスプレイのフロントパネルのようなプラスチック製の部品に、透明で傷防止のコーティングを施す生産ラインの工程を組み込む必要があります。GfO社の当時の標準は、アルコールを付けた布で、フロントパネルを手で前処理するというものでしたが、新しく高品質で完成度の高い前処理技術に置き換えられました。完璧な表面を造り出すと同時に、耐久性に優れた塗料の接着を確保するには、塗装の前に、プラスチック部品を更なるミクロ洗浄と活性化のプロセスを通さなければなりません。クリーンルームでの新しい塗装処理は、完全自動式で環境に配慮した迅速な手法で行われます。いくつかの選択肢を検討した結果、GfO社 はOpenair® プラズマテクノロジーを採用することに決定しました。この導入に成功し、自動車産業では、年間何千ものプラスチックパネルがプラズマで前処理され、傷防止コーティングされています。その他、医療、大型家電、航空、電子をはじめとする産業分野で使用される大量のディスプレーウィンドウがこの方法で前処理されていることは言うまでもありません。

この適用例では、表面仕上げの丁寧な処理ために特別に設計されたOpenair®1004型ローテーションノズルが、リニアロボットにより制御されます。 プラスチックパネルは、ミクロ洗浄と強力活性化の段階を通り、プラズマ処理直後に塗装工場で傷防止コーティングが施されます。大気圧プラズマが発生させる 大量の表面エネルギーのおかげで、塗料は均一な層になります。

利点

Openair® プラズマにはユーザにとって以下の利点があります:

  • 塗料の接着性改善
  • 均一の塗装による完璧な塗装面
  • 化学薬品を使わない環境に配慮した前処理
  • 生産ラインの自動処理工程に組み込まれた前処理
  • 生産プロセスにおけるテクノロジー適用の安全性と一貫性
  • 処理速度の向上
  • メンテナンス間隔の延長
  • 対費用効果の向上


GfO Gesellschaft für Oberflächentechnik AG (Nanogate Group)
www.nanogate.de/gfo

大気圧プラズマ処理で御社製品の可能性をお試しください
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language