テーマ:プラズマポリマーコーティング。接合線の腐食を長期防止。IFAMプラズマコーティング。シリカ有機ナノコーティング。

プラズマポリマーコーティング:
接合面の腐食の確実な防止

水分の浸透により、接着剤・シーリング剤接合線に沿って生じる腐食クリープは、接着面において一般的に観察される現象です。接着剤やシーリング剤が十分な接着機能を発揮したとしても、基材自体に酸化していくリスクを完全に排除することはできません。

プラズマトリート社では、ドイツ・フラウンホーファー製造生産・応用マテリアル研究所(IFAM)と協力し、大気圧プラズマコーティング装置「PlasmaPlus」を開発しました。この技術を基材とプラズマに同時に応用することで、基材を接合面の腐食から効果的に保護することができます。

 エンジンフランジ表面(コーティングなし)
 エンジンフランジ表面(PlasmaPlusによるコーティングあり)

このシリカ有機コーティングは、極めて薄いナノスケール層であっても、目的とする防食機能を長期間持続させることができます。このアプリケーションは、数年前からすでに実用化されており、電気油圧式パワーステアリングシステム(EHPS)の製造において成功を収めています。

プラズマポリマーコーティング処理を施した部品は、コーティングを施していないコンポーネントと比較して、環境要因に対する耐性が大幅に強化されています。

メインテーマに戻る ドライブトレインエンジン用電子機器

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

金属表面への部分プラズマコーティング
腐食保護 - 生産ラインでナノレベルのコーティング
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language