テーマ:プラズマ表面活性化。自動車センサー用熱溶融シリコンポッティングとカプセル化。表面活性化、ポッティングプロセスとカプセル化プロセスにおけるプラズマ活性化。

自動車センサー用ホットメルト、シリコンポッティングとカプセル化 –Openair®プラズマ活性化による保護

スマート制御システムは、複数のセンサーを用いて周辺環境と相互作用を行います。この種の精密電子機器については、特に水(腐食)を中心とする、あらゆる環境要因から保護しなければなりません。そのため、業界では熱溶融/シリコンポッティング材とカプセル化材を用いて部品を隔離するという方法を一般的に採用しています。

レインセンサー(カプセル化あり/なし)レインセンサー、ケース有/無
Regensensor montiertレインセンサー(設置済)

電子部品・ケーブル絶縁シールの活性化(プラズマ活性化)前処理を行う間に、Openair®プラズマにより複合材を確実に接着し、装置の周囲を確実に密封します。

パートナーと事例紹介

Novotechnik

Openair®プラズマ – 信頼性の高い距離・ポテンショメーターに不可欠な技術

Novotechnik社は、自動車業界向けセンサーや機械製造用センサーの生産量を増やすため、表面処理技術の改革を行いました。それまでの低圧プラズマ・真空チャンバーからインライン型Openair®プラズマに切り替えたことにより、処理能力は3倍に強化されました。

事例紹介を読む

メインテーマに戻る ドライブトレインエンジン用電子機器

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

金属表面への部分プラズマコーティング
腐食保護 - 生産ラインでナノレベルのコーティング
2019 オートモーティブワールドボートメ
ッセなごや:クルマの軽量化 技術展

2019年9月18日(水)~20日(金)
小間番号:360, Japan

Language