テーマ:射出成形加工における大面積プラズマ処理、自動車内装品(インパネなど)のプラズマ前処理、マスキングを使用しない前処理、フレーム前処理の代替技術

フレーム前処理の代替技術 –マスキングを使用しない
インパネのOpenair®プラズマ前処理

パネルは、ガラス繊維強化プラスチックコア、ポリウレタンフォーム層、スラッシュ成形被膜(PVCまたはTPU製)の3種類の材料の層で構成されています。コア部品は、射出成形繊維強化ポリプロピレンを材料としています。この無極性プラスチックには、接着性をよくするために、表面に前処理を行う必要があります。従来のフレーム処理法を用いた場合、発泡ウレタンを塗布しない全ての場所に、熱に強い材料を用いてマスキングをしなければなりません。

Openair®プラズマノズルは非常に高い精度の処理が可能です。フレーム処理では、処理箇所のコントロールが難しく、ポリウレタンフォームを取り除く面倒な作業が必要です。プラズマトリートを活用すれば、スラッシュ被膜にわずかに切り込みを入れれば、PUと一緒に簡単に剥がすことができます。

ローテーションノズルRD 1004を取り付けた工業用ロボットがプラスチックコア表面をスキャンする際は、部品表面全体を約40秒で前処理します。

パートナーと事例紹介

Peguform GmbH

フレーム処理に代わるプラズマ処理

Peguform社では、一般的なフレーム処理法の代わりにOpenair®プラズマを用いて、アウディQ5オフロード車用計器パネルの前処理を行っています。「低温」プラズマノズルを選択的に照射するため、マスキングを行う必要がなく、同時にプラスチックの過熱を防ぐことができます。

事例紹介を読む

メインテーマに戻る 自動車内装品

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language