フレーム処理法の代替技術– プラズマ処理。揮発性有機化合物を使用しない自動車内装品のコーティング、ポリウレタンコーティングとUVコーティングの接着、溶剤を使用せずにプラスチックへコーティング

揮発性有機化合物を使用しないコーティングシステムを用いた自動車内装品の製造用プラズマ前処理

自動車の内装に設置したプラスチック部品の表面には、全てコーティングを施し、触感と音響性能を改善しています。自動車業界が抱えている大きな課題の一つに、自動車内装品に使用する溶剤型材料から放出される揮発性有機化合物の大幅な減少があります。そのためには、ポリウレタン(PU)を主成分とするコーティングやUVコーティングが有望視されています。しかし、これらの揮発性有機化合物を使用しないコーティングシステムを利用するには、基材が高い表面張力を備えていなければなりません。そのためには、均質な前処理を効果的に施す必要があります。

 革ラミネート加工ハンドル

Openair®プラズマを利用して、処理箇所を絞り込んだ前処理を施すことにより、プラスチックベース材料の表面張力を大幅に高め、確実に接合することができます。すなわち、塗布したポリウレタン接着剤を瞬間的に、かつ確実に接着することが可能となります。

メインテーマに戻る 自動車内装品

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language