テーマ:シリコン、反応型ホットメルト、ウォームメルト接着剤によるヘッドライトの接合。プラスチックの接合。ポリプロピレンとポリカーボネートのプラズマ活性化。

独特な形状を備えた魅力的なオートバイ用ヘッドライト‐ Openair®プラズマによる長期的な不浸透性接着機能の実現

ヘッドライトは、ケース、反射体、プラスチック製エンドキャップを基本的な構造としています。最新型の多面体デザインに対する需要が増加しており、それに伴って接着用のスペースが非常に限られるケースが増えています。また残りのスペースについては確実に接合し、水蒸気の浸透を防ぐ必要があります。
Openair®プラズマを利用すれば、ポリプロピレンやポリカーボネートなど、さまざまなプラスチック材料を組み合わせることができます。プラズマ活性化により、接着剤を塗布する部位をターゲットとして正確に定め、ファイン洗浄と表面張力の強化を行うことができます。その後の接合作業には、シリコンや反応型ホットメルトなど一般的に使用されているあらゆる種類の接着剤を使用することができます。特に初期強度に優れた一液型ウォームメルト接着剤が適しています。
Openair®プラズマ技術は、生産ラインに簡単に組み入れることができます。そのため、効率性に優れたプロセス設計を行うこともできます。

メインテーマに戻る 自転車・オートバイ

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language