テーマ:離型剤を使用しないプラズマポリマーコーティングによる炭素繊維複合材の離型。

環境に配慮したロードバイク自転車の製造におけるハイテク技術:離型剤を使用しない炭素繊維複合材の離型

炭素繊維複合材を使用すれば、極めて軽量かつ頑丈な高性能自転車を製造することができます。風による抵抗を抑えるには、完全に空気力学に基づいた形状を設計しなければなりません。自転車のフレームは、多層形成プロセス後にオートクレーブ内で熱硬化処理が施されます。
複雑な形状を備えた個々の部品をモールドから取り外すには、離型剤を使用する必要があります。この離型剤は、離型後も表面に残留するため、複雑なプロセスを用いて除去しなければなりません。
 最新型自転車製造における環境に配慮した離型プロセス
Openair®プラズマとPlasmaPlus®とを組み合わせて使用し、離型剤の代わりにプラズマポリマーナノコーティング処理を施します。プラズマポリマーナノコーティングはモールドに強力に付着するため、部品をモールドから取り外しても表面に不要な離型剤が残留することはありません。
離型後の製造段階では、完成したフレーム全体をロボットシステムを用いてスキャンし、RD1004ロータリープラズマジェットを用いてその後の塗装処理に向けた最適な準備を行います。それにより、環境に配慮した水性塗装システムを簡単に使用することもできるようになります。

メインテーマに戻る 自転車・オートバイ

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language