テーマ:大気圧プラズマによる省エネルギー型製造プロセス。アニール処理時のプラズマクリーニング。金属、ガラス、セラミックの超微細クリーニング。

アニール処理に代わるプラズマクリーニング:
金属、ガラス、セラミックのアニール処理・加熱処理時の省エネルギー

現在でも、さまざまな業界でアニール処理プロセスが頻繁に利用されています。このプロセスは、Openair®プラズマ前処理よりも遙かに多くの時間とエネルギーを消費します。アルミホイルなどの製品の場合、アニール処理炉を使用して高温で数日間処理し、オイルやグリースを分解・蒸発させてライトグリースのクリーニングを行う必要があります。
プラズマプロセスでは、非常に効果的に熱を伝導することができます。そのためOpenair®プラズマクリーニングとアニール処理プロセスを組み合わせることにより、プロセス時間を大幅に短縮することができます。実際、72時間かかっていたプロセスを10分まで短縮した例があります。また多くの場合、熱処理過程が完全に不要化されます。
 アニール処理の代替技術としてOpenair®プラズマを利用したアルミニウムの超微細クリーニング

メインテーマに戻る エネルギー効率

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language