テーマ:大気圧プラズマによるエネルギー効率に優れた製造プロセス。省エネルギー型表面前処理。接合前プラズマ処理、ラミネート加工、塗装。

エネルギー効率に優れたプロセス:プラズマ処理による低温加工・高速プロセス

接合、ラミネート加工、塗装など、各種材料を組み合わせる場合、確実に接着を行うためには、表面張力と表面の清浄度が極めて重要な要素となります。多くの場合、十分な接着特性を備えるためには、製造プロセスにおいて、特定の加工温度を用いて材料を処理する必要があります。一般に、このようなプロセスは、極めてエネルギー集約度の高いプロセスとなります。それとは対照的に、プラズマ処理は非常に効果的な表面前処理法であり、しかも省エネルギーが可能な代替法です。
Openair®大気圧プラズマを利用すれば、多くの用途で使用温度を大幅に下げることができます。それにより多くの場合、加熱プロセスの時間を短縮するか、あるいは完全に省略することができます。また代替コーティングシステム(紫外線硬化システムなど)を使用する場合のオーブンの乾燥についても、同じ事が言えます。
コイルコーティングの成功例:Openair®プラズマクリーニング(超微細クリーニング)とプラズマ活性化を利用すれば、紫外線硬化塗料を使用することができます。それにより、従来型システムと比較して、システム全体の構成を25%削減することができます。

メインテーマに戻る エネルギー効率

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language