テーマ:ポリカーボネート(PC)とPMMAの接着。UV硬化接着剤用前処理。

高機能携帯電話ディプレイの接合:溶剤を使用しないUV接着剤による接着を最大限に促進

携帯電話の製造では、ハーフシェルケースにポリカーボネートを接着するために利用可能な表面はごくわずかしかありません。最新型UV接着剤(透明カバーを通してUVを数秒間照射することにより硬化する一液系樹脂)を使用すれば、極めて高い電気絶縁性を確保することができます。
この面積の小さな接着面の接着機能を強化するためには、十分な前処理を施さなければなりません。Openair®プラズマ活性化を行うことにより、先進材料を各種のプラスチックと組み合わせ、極めて効果的に接合することができます。

メインテーマに戻る 携帯電話

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language