テーマ:シリコン製キーパッドのプラズマ活性化・コーティング。導電性ゴムの前処理。

無極性材料でも可能な強力接着。シリコン製キーパッドのポテンシャルフリー前処理。

あらゆるコンピュータや携帯電話において、キーパッドは必要不可欠な要素です。またリモートコントロール型キーボードも、シリコンや導電性ゴムなど、湿潤性の低い材料を用いて製造されています。製造時には導電性フィルムを貼り付け、フィルム層の最上部にあるキーに触れた際に、フィルムとプリント基板とが十分に接触するようにします。
電話用キーパッドのプリントコーティングの最適な接着加工電話用キーパッドのプリントコーティングの最適な接着加工
Openair®	プラズマ処理による導電性の改善 Openair® プラズマ処理による導電性の改善
Openair®	プラズマ処理による導電性の改善
Openair®プラズマ活性化を利用すれば、印刷プロセス中に施すコーティングに最も適した条件を整えることができます。また同時に表面エネルギーを高め、材料の導電性を大幅に高めることもできます。

メインテーマに戻る 携帯電話

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language