CeraCon: 泡立つ喜び

 写真: CeraCon
無極性プラスチックへの前処理:ポリプロピレンへの信頼できる接着をOpenair®プラズマは保証します

エンジニアリングと機械メーカーであるCeraCon社は、今日ヨーロッパ市場では単一コンポーネント発泡装置のトップメーカーと呼ばれています。

発泡シールテクノロジーは、そのほかにもドア錠とドアモジュール、ヘッドランプ、コンセントケースから、ベースステーションのアンプ筐体まで活用されています。

2001年にCeraCon社がヨーロッパでこの“Foamply” テクノロジーを新しい単一コンポーネント発泡処理として市場に発表する前に、幅広く使え、オートメーションにも取り入れることのできる技術を探していました。同じく、発泡シール材注入前の信頼性があり、安定した部品の前処理工程も探していました。具体的にどういう条件があるのかも明らかでした:極性のないプラスチックの上に1K-PUR発泡材をしっかりと接着させ、フルオートで稼動する装置で、非常に短いタクトで使えることが保証されていることです。
この目的を達成するために様々な前処理方法をテストしました -コロナ技術、ガスフレーム、プライマー処理、プラズマトリート社の大気圧プラズマ装置です。この最後の装置が私どものすべての要求を満たしてくれ、その上、使用にあたっては他の媒体を必要としません。Openair®プラズマ装置の高度な前処理能力は、部品の処理スピードを非常に速め、その結果としてプロセス全体の顕著な合理化に結びつきました。
プラズマトリート社との良好なパートナー関係は数年にわたるもので、以前と変わらず、安定したプロセステクノロジーのOpenair®プラズマと“Foamply”は理想的なコンビネーションであることを確信できることに大きな喜びを感じます。
Dr. Frank Kukla
Managing Partner
CeraCon GmbH


www.ceracon.com

大気圧プラズマ処理で御社製品の可能性をお試しください
プラズマトリートの開発パートナーになりませんか?

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language