テーマ:大気圧プラズマを利用したナノコーティングによる機能性コーティング。プラズマポリマーコーティングを用いた射出成形加工ツール用付着防止コーティング。反結合性PURフォーム。

射出成形加工における世界初の技術:Openair®プラズマのみを利用した反結合性PUR

PURフォームは本来、射出成形加工ツールに付着しやすい性質を備えています。この付着を防ぐため、通常はモールドの内側に離型剤をスプレーする方法が採用されています。しかしこの方法では、成形部品に微量の離型剤が付着するおそれがあります。その他の方法としては、恒久的なコーティングをモールドに施す方法がありますが、この場合にはモールドを分解し、ツールを専門会社に送付して処理を受けた後、再設置しなければなりません。そのため多額の費用と時間を消費することになります。

Werkzeug mit Antihaft-Beschichtung付着防止コーティングを施したツール
Tool with anti-adherent coating
Auftragen der Antihaftschicht付着防止コーティングの実施
Application of the anti-adherent coating

大気圧プラズマ技術の市場大手企業のプラズマトリート社は、フォームシーリングシステム工学を専門とするCeraCon社と提携し、K 2010プラスチック展示会において、新たに開発した付着防止ソリューションを発表しました。両社は、Openair®大気圧プラズマ技術を利用することにより、インモールドコーティング処理とインモールドコーティング再生処理を通じ、離型剤を使用することなく、ポリウレタンを加工することが可能であることを示しました。PlasmaPlus® コーティングプロセスでは、プラズマに有機ケイ素化合物を混合します。プラズマでは高いエネルギー励起が生じるため、化合物が微細化し、表面に蒸着してガラス状コーティングを生成します。

付着防止効果は、モールド表面のプラズマポリマーコーティングのみによって生じます。この環境に優しいプロセスを利用すれば、濡れ化学離型剤を使用する必要はなくなります。また古くなったコーティングを除去する必要がないため、モールドを取り外して再コーティングを施す必要もなくなります。それにより、世界で初めて、射出成形加工ツール内で直接再生処理を行うことが可能となりました。

メインテーマに戻る 機能性コーティング

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

ハイブリッド技術:きわめて強力で、水や油などの浸透を許さない
医療技術: 安定した、そして毒性のないコーティングをインラインで作り出す
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language