テーマ:プラズマノズル、RD2010プラズマノズル。プラズマローテーションノズル。高速のプラズマ処理。フィルムや面積の広い平坦な表面コンポーネントのプラズマ前処理。

RD1010プラズマローテーションノズル:面積の広い平坦な表面コンポーネントやフィルムのプラズマ前処理

プラズマノズル2個を用いたロータリープラズマ装置

Openair®プラズマシステムRD1010は、平坦な形状高感度表面処理に特に適しています。このシステムでは、共通の回転軸の周囲を円形に回転するシングルノズル2個を用いてプラズマ処理を行います。回転装置から放出されるプラズマ流は、回転軸に対して並行に流れます。
この回転運動により、コンポーネントやフィルム全体に比較的高速でプラズマ処理を施すことができます。それにより、熱による影響を抑えつつ、広いプロセスウィンドウによる極めて均質な処理を施すことができます。RD1010プラズマノズルを利用すれば、回転速度と処理直径に応じ、最高速度50 m/分での移動処理を行うことができます。
 RD1010プラズマノズル
 RD1010によるインライン処理

標準的なRD1010プラズマ 回転ノズルの用途の例

  • 湿式ラベリング加工前の吹込成形プラスチック包装材
  • PCBクリーニング:抵抗ペーストの印刷前(処理幅130 mm)
  • フィルム片面を確実に処理(> 72 mN/m)。
  • ガラス/鏡表面:接合前の全面クリーニング
  • プラスチックパネル:コーティング・接着前処理

RD10xx特殊設計プラズマノズル:

RD1010と同様に、RD10xxも共通の回転軸の周囲を円形に回転するシングルノズル2個を備えています。またこの特殊設計により、シングルノズル2個の間の間隔を手作業により調整することができます。
そのため、各要件に合わせて処理幅を柔軟に調整することが可能です。2個のノズル噴出口の間隔を縮めたり、回転運動を調整することによって、プラズマ強度を高めることができます。
 RD10xx(シングルノズル2個付)

メインテーマに戻る プラズマノズル

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

溶剤の代わりにプラズマ技術
Audi Q5のコックピット - プラズマがマスキングの代わりに
Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language