テーマ:一体型プロセス制御装置付オープンエアプラズマジェネレーターFG5002・FG5005。プロセスモニタリング。完成したシステムに組み入れ可能なプラズマジェネレーター。

一体型プロセス制御装置付高出力FG5002/5005プラズマジェネレーター

このプラズマジェネレーターでは、プラズマトリート社が開発したプロセス制御装置を用いて、Openair®プラズマジェネレーターの作動と運転状態のモニタリングとを同時に行うことができます。それにより、短い反応時間で非常に高速のプロセスを管理することが可能です。また、各種の内蔵センサーにより、プラズマジェットの不具合を直ちに検出することができます。
 Openair®FG 5002/FG5005プラズマジェネレーター
 一体型高電圧変圧器(オプション)付Openair®FG 5002E プラズマジェネレーター
グラフィックモニターには、プラズマジェネレーター、プラズマノズル、メンテナンススケジュールに関する情報が判りやすく表示されます。
この極めて信頼性の高いプラズマジェネレーターの技術により、最大4台(FG5002)または8台(FG5005)のプラズマジェットを同時に稼働することが可能です。

標準的な用途

  • 完成したシステムへの組み入れ
  • 厳しい環境条件下におけるマルチシフト運転に適した特徴
  • 各種業界における工業用途
  • 2個以上のプラズマノズルを必要とする用途
 プレーンテキストで情報を表示する複数行ディスプレー

FG5002/5005プラズマジェネレーターの主な特徴

  • 一体型小型コントローラーによるシステム制御・出力制御
  • 出力:2kVA(FG5002)または5kVA(最大4個/8個のプラズマノズルを稼働)
  • 電圧源:3x 400V
  • 運転温度範囲:0~40℃
  • 各種言語で主な運転パラメータ(電圧、出力、周波数、エラーメッセージ、ステータスメッセージなど)を表示するプレーンテキストディスプレー
  • サービス別のコントロールキャビネットへの設置
  • 関連する高電圧変圧器がすでに組み込まれており、プラズマノズルが直接接続されています。場所を移動して使用する場合に特に適しています(FG5002E/FG5005Eバージョンの場合)。

メインテーマに戻る プラズマジェネレーター

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

溶剤の代わりにプラズマ技術
Audi Q5のコックピット - プラズマがマスキングの代わりに
Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language