テーマ:Openair FG5001プラズマジェネレーター。プラズマ 基本装置。完成したシステム、プラズマラボ用システム、プラズマクリーニングへの組み入れが可能なプラズマジェネレーター。

Openair® FG5001プラズマジェネレーター:プラズマ前処理用基本装置

FG5001 プラズマジェネレーターは、プラズマトリート社のプラズマジェネレーター5000シリーズの基本となる装置です。この装置は、非常にコンパクトな設計を特徴としています。そのためカウンターの下に設置するなど、スペースを節約することができます。
このクラスの製品としては初めて、定圧電源を実現しました。このシリーズには、最新型IGBT半導体増幅装置が設置され、高精度のプラズマ出力調節・制御機能と最高レベルの性能を兼ね備えています。FG5001 プラズマジェネレーターは、オプションとして最大2個のプラズマノズルを用いて運転することができます。
 Openair®FG 5001プラズマジェネレーター
 側面操作パネル付Openair®FG 5001 プラズマジェネレーター

標準的な用途

  • パッド印刷システムなど、完成したシステムへの組み入れ
  • 汚染の少ない製造区域におけるシンプルな用途
  • プラズマトリート社のラボ用システム、連続調整可能な線形ユニットとシングルプラズマノズル付の実験台(静止型、回転型)
  • Openair®プロセスサンプルテスト用システムの貸与

FG5001プラズマジェネレーターの主な特徴

  • 一体型小型コントローラーによるシステム制御・出力制御
  • 出力:1000 VA(最大2個のプラズマノズルを 稼働)
  • 電圧源:100~240 VA
  • 運転温度範囲:0~35℃
  • 各種言語による運転データ(電圧、出力、周波数、エラーメッセージ、ステータスメッセージなど)。

メインテーマに戻る プラズマジェネレーター

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

溶剤の代わりにプラズマ技術
Audi Q5のコックピット - プラズマがマスキングの代わりに
Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language