テーマ:プラズマシステム。アルミホイルのクリーニング。圧延オイルの除去。アニール処理。バリアフィルム。複合材フィルム。ラミネート材。ホイルのクリーニング。ホイルのクリーニング。脱脂システム。

Openair®プラズマシステムによるアルミホイルの効果的なクリーニング

Openair®プラズマを利用すれば、シンプルで環境に優しい方法を用いてアルミニウム表面をクリーニングすることができます。特に飲食品用包装材の製造では、複合材フィルムを利用して包装材の気密性を保っています。この場合、アルミニウムをラミネート加工した(アルミニウム層)フィルムを使用します。さらにPEコーティングを包装材に施し、アルミニウムが内容物に直接接触するのを防ぎます。
 アルミニウムの前処理

複合材フィルムにラミネート加工を施す前に圧延オイルを除去

Openair®プラズマを利用してフィルムシステムのアルミニウムに前処理を施し、PEフィルムを確実に接合できるようにします。プラズマクリーニングにより、材料表面の有機物質(圧延オイルなど)を全て分離し、除去します。
現在でも業界では、アニール処理法が広く利用されています。この処理法は、Openair®プラズマ処理と比較して、時間とエネルギーを消費します。一方、Openair®処理法の場合、プラズマシステムを既存のプロセス全体にインラインで組み入れることができます。そのため、非常にコスト効率に優れた方法を用いて、プラズマ前処理を行うことができます。

Openair®プラズマシステムによるアルミホイルの前処理 ‐ 長所と特性:

  • 安価で環境に優しく、省エネルギーが可能
  • ホイルの機械的特性を変化させない
  • 標準的な処理幅(ノイズ1個あたり) = 10 mm(100ノズル/m)
  • 標準的なホイルの処理幅 = 2.20 m
  • ホイルの両面処理が可能
  • コイル巻取り装置の上流側でプラズマシステムへのインラインでの組み入れが可能(プロセスの中断なし)

メインテーマに戻る フィルム製造

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

parts2clean
Leading International Trade Fair for Industrial Parts and Surface Cleaning

2016年5月31日(火)~6月2日(木)
Hall 5, Booth E19
Messegelände Stuttgart, Germany

DRUPA

2016年5月31日(火)~6月10日(金)
Hall 11, Booth D29
Düsseldorf Fairgrounds , Germany

Language