レビュー: Plast Eurasia Istanbul 2018
Openair-Plasma®がプラスチック加工業界をサプライズ

Plast Eurasia Istanbul 2018: Das Plasmatreat Stand-Team Plast Eurasia Istanbul 2018: プラズマトリート社スタンド担当チーム; Hakan Sağkal (Plasmatreat MEA社・社長、右から2人目)、 Bayram Çırçır (左端)、 Nilgün Alioğlu (左側)及びMetin Aktuğ (右側)の各氏 。 写真: Plasmatreat

1000社を超える出品者と代理店を44か国から迎えて見本市Plast Eurasia Istanbul 2018は12月に盛大に開催されました。本見本市は長年間に亘ってユーラシア地域におけるプラスチック加工業界で最も重要なイベントの一つとされています。プラズマトリート社は現在プラスチック素材表面に対する最も進歩した事前処理手法のサプライヤーとして10回目の参加を果たし、大成功を収めました。

no-img写真: Plasmatreat

防湿絶縁コーティングを施す前のプリント基板、接着する前のプラスチック・ケース、印刷加工前のスマート・カード、塗装前のCFK部品、または自動車の内装部品など、これらプラズマトリート社がPlast Eurasia で展示した全てのプラスチック部品には或る共通の特性がありました。これら部品の表面は全て、均一な濡れ性を達成するには表面エネルギーが低過ぎるため、良好な事前処理を必要とすることです。例えばポリプロピレンの様な「難しい」プラスチック素材類では細部までに渡る表面洗浄に加えて活性化も必要となります。表面全体の濡れ性改善により接着強度やコーティングの耐久性を確実とするため、これら表面エネルギーは引き上げられなければいけません。そのための事前処理は従来、産業界では化学溶剤洗浄やプライマーを利用するのが殆どでした。しかしOpenair-Plasma®技術を利用すれば環境に優しい乾式工程でありながら、かつ瞬く間に処理ができることをプラズマトリート社スタンドの訪問客は確信することができました。

Openair-Plasma® 実演ライブ

「プラズマの2重効果をご理解いただくには実演で体験して頂く必要がある」と在トルコPlasmatreat MEA社のHakan Sağkal社長は述べ、自身の見本市スタンドを訪れるお客様がプラズマによる素材の事前処理を初めて体験して魅了される様子を話します。

no-img写真: Plasmatreat

専門的な聴衆に対し、ブースアテンド員にプラズマの専門家が加わり、協力して水噴霧テストにおけるOpenair-Plasma®の高い効力を実演にて披露いたしました。先ず、無極性プラスチック材の表面エネルギーを、処理前の状態で測定しました。これに続いて、同一の表面の一部が高速にて超ミクロレベルに及ぶ洗浄と同時に活性化されたあと、表面全体に対して水噴射が行われました。効果は一目瞭然でした。処理を施さなかった部分には水滴が、プラズマ処理を施した部分には、これとは違って均一な水膜(濡れ性100%)が残りました。また、Plast Eurasiaの会場でテストされたポリプロピレン素材をその後に測定した結果によると、表面エネルギーは30 mJ/m2(処理前)から72 mJ/m2(プラズマ処理)へ高まったことが確認されています。

ptu plasma cell写真: Plasmatreat

その他、最新の「PTUプラズマセル」内にて実演される、KUKA社製のロボットがプラズマジェット(タイプ名RD2004)を駆使して、種々のサンプル部品をクリーニング、活性化及びナノ薄膜コーティングしていく様子も、来場者にとってハイライトの一つでした。この実演では特に、回転プラズマ照射が、微小な窪みや切り込み部分などの複雑な部品形状に対しても効果的であることが鮮明でした。KUKA社ロボットをシステムへ取り込むことでプラズマトリート社は、素材表面の大気圧プラズマ処理に関するノウハウを、標準化した形でシンプルに生産工程に取り込むことが出来る、自動化のソリューションを提供できることとなりました。高精度のロボットの動きと、プラズマ処理のプロセスは、通信技術にて制御されています。

Sağkal社長は今回の見本市を振り返り「私たちは例えば自動車産業、家電製品業界、更には包装技術といった大変幅広い種々の産業分野から関心のある客が弊社スタンドを訪問してっ下さったことを大変喜んでいます。その反響は大変ポジティブで、私共は見本市の成果にこの上もなく満足しています」と結んでいます。

ニュース一覧に戻る

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

2019 オートモーティブワールドボートメ
ッセなごや:クルマの軽量化 技術展

2019年9月18日(水)~20日(金)
小間番号:360, Japan

Language