テーマ:プラスチック複合材のプラズマ活性化。造船分野における塗装プロセス用表面前処理。ポテンシャルフリー材料の接着接合。

船舶内装用軽量パネルの接合・塗装‐プラズマ処理による溶剤のカット

船舶内部の壁、天井、隔壁、全船室用最新型軽量パネルの開発には、ハニカムやサンドイッチ構造が優先的に採用されています。これらの材料は軽量で強度が高く、優れた防湿性を備えています。また、外面については、気泡を生じることなく、均等かつ確実に、互いに接合することが要求されます。
 処理箇所をセットできるOpenair®プラズマ
 溶剤を使用しないハニカム構造の処理
Openair®プラズマによる表面前処理を施すことにより、リサイクル材料や複合材などのポテンシャルフリー材料を効率的にプラズマ活性化することができます。積層を構築して塗装や、ワニス処理を施す場合、最上層の前処理を行う方法としては、プラズマ処理が最も適しています。

メインテーマに戻る 造船

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

きれいな仕事 - LNGタンカー内の大面積での活用
Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language