テーマ:離型剤を使用しない複合材の離型。離型剤のカット。プラズマポリマーコーティングコーティング(除去)。

ハイテク複合材の離型技術の飛躍的進歩:Openair®とPlasmaPlus®による離型剤のカット

現在の長距離航空機は、複合材と呼ばれる強化プラスチックを原料とする、全く新しい材料組み合わせて製造が行われています。
複合材部品を製造する際(翼部、胴部など)、モールド内で材料層を段階的に構築し、加熱して融合します。事前にモールド表面に離型剤を塗布しておかないと、部品もモールドに貼り付いてしまい、取り外すことができなくなります。離型後には、部品表面に離型剤が残留するため、さらなる加工とが難しくなります。
 エアバスA380

プラズマトリートでは、この問題を簡単かつ効率的に解決するソリューションをご用意しています。

  • PlasmaPlus®プロセスを利用し、材料層を形成する前にプラズマポリマーコーティングによりモールドに(離型特性を備えた)コーティングを施します。
  • それにより、離型剤を使用する必要がほぼなくなります。
  • Openair®プラズマクリーニングを利用すれば、離型後に残留している離型剤を完全に取り除くことができます。

メインテーマに戻る 航空宇宙

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

大気圧プラズマを活用して恒久的な接着の前処理
Romeo Sierra calling Papa Tango- プラズマが安定した無線通信を可能に
Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language