テーマ:プラズマ布地仕上げ加工。布地のフロック加工。EPDMへのフロック加工の接合。

プラズマが可能にする高品質布地仕上げ材への確実なフロック加工

フロック加工とは、あらかじめ接着剤をコーティングしておいた基材に、短いモノフィラメント織物繊維を接着するプロセスのことです。この加工を施すことにより、表面に高品質のベルベットやベロアのような効果を与えることができます。一般的なフロック加工では、繊維が接着剤基盤に垂直に接着するように、静電界を用いて繊維の向きを揃えて加速します。織物基材上の接着剤基盤への接合状態が、フロック加工の品質を決定する重要な要素となります。
Openair®プラズマを用いて織物に前処理を施すことにより、改質表面の接合機能を大幅に高めることができます。したがって、布地の仕上げ加工における加工要因として、非常に大きな効果を上げることができます。
Openair®プラズマの価値は、自動車業界でも認められています。自動車業界では長年にわたり、Openair®プラズマによるフロック加工プロセスの前処理が行われています(EPDM、グローブボックス、織物自体へのフロック加工など)。

メインテーマに戻る 織物の機能化

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888

jun.kobayashi@plasmatreat.jp

大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

info@plasmatreat.jp

Glasstec 2016
Glasstec 2016
International Trade Fair for Glass Processing, Production and Products

2016年9月20日(火)~23日(金)
Hall 11, Booth G46
Düsseldorf, Germany

Micronora 2016
International microtechnology and precision trade fair

2016年9月27日(火)~30日(金)
Micropolis / Parc des Expositions
Besancon Cedex, France

Language