テーマ:オーガニック・コンディショナー。布地製造におけるプラズマ繊維コーティング。

天然繊維の縮みを防止 ‐ 品質改良剤を使用しないPlasmaPlus®布地コーティングの利用

天然繊維を原料とした布地の製造中に、繊維に前処理を施し、品質改良剤を使用することによって、布地表面の摩擦を抑える薄膜を繊維表面に形成します。繊維業界では、この保護膜を利用しない限り、高速製造を行うことはできません。しかし、この種の品質改良剤は、織物をクリーニングした際に天然繊維に縮みが生じる主な原因ともなっています。
Openair®プラズマ技術を利用すれば、有機シリコン繊維の前処理を迅速に行うことができます。この独自のプラズマコーティングにより、繊維を効果的に保護し、高速製造に適した前処理を施します。
この新たなプロセスでは、化学品質改良剤を使用しません。そのため、製造した織物がクリーニングによって縮むことはありません。それにより、高品質の製品を消費者に届けることができます。

メインテーマに戻る 織物の機能化

Nihon Plasmatreat Inc.
日本プラズマトリート株式会社

info@plasmatreat.jp


東京本社
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-5-2
田澤日本橋ビル

Phone: 03-3244-0035
Fax:  03-3244-2888


大阪支店
〒564-0043
大阪府吹田市南吹田2-2-8

Phone: 06-6317-6102
Fax:  06-6382-3144

Plast Eurasia 2015 Logo
Plast Eurasia
26th International Istanbul Plastics Industry Fair

2016年12月7日(水)~10日(土)
Hall 4, Booth 404B
Istanbul, Turkey

Language